山本ブドウ梨園の四季 -21世紀に向けて新鮮・ 安全・美味しいをキャッチフレーズに頑張っています。-
山本ブドウ梨園-農園だより

山本ブドウ梨園の一年です。
冬から春へ

初雪の様子です。


梨の開花です。

満開の梨園です。その向こうがブドウ園です。
春から夏へ 5月

豊水の幼果です。
(4月24日)

20世紀の幼果です。

20世紀に小袋が
かかりました

山本ぶどう梨園の航空写真 ↑クリックで拡大

ニューピオーネ開花
15日後の様子

ハウス内5月13日

豊水(5月14日)
夏-7月
価格表はこちら

ハウスのニューピオーネが
収穫まじかになりました。
7月の下旬には収穫できます。

ハウスより20日遅れて普
通のブドウがこんなに大き
く育ちました。今から袋をか
けて収穫を待ちます。

美味しくなります。

梨の袋かけも済み、水と肥
料、太陽、愛情で大きく実
ります。今年は例年より10
日は早く収穫ができる予定
です。

ハウスニューピオーネ色付き
が進み椋鳥、からす、タヌキ
等のおきゃくさんの接待に、
愛犬クッキイの出番です。
今日はすこし暑いようです。

ハウスの中にホウジロが巣を
かけました。
ブドウ園の中は適当な温度で
雨には濡れず子育ての絶好
の場所です。産卵から二十目
に無事に孵化しお母さんの餌
を口を大きく開けて待っていま
す。2羽の兄弟のようです。

紅三尺の実がとても大きくなりました
真夏-8月
価格表はこちら

美味しいニューピオーネの選果です。ここで、小さい実や、色付きの悪い実、きずの付いた実などをのけていきます。

贈答用の1kg箱。1kgで、だいたい2房から3房です。今年のブドウは自信作です。是非ご賞味ください。

贈答用2kg箱。この箱では5房入り。巨峰もピオーネも入っています。

1kg箱〜4kg箱です。贈答用に各種取り揃えております。ご利用ください。
夏から秋へ 9月

9月中、涼しい朝の内に収穫です。
これはニューピオーネを収穫しているところです。
この房は700gぐらいでしょうか。
粒もそろって、上物です。

この大きいブドウ達に出会うために、一年間頑
張ってきました。思わず目が真剣になります。
今年は特に暑く(また、とくにブドウの房が大き
いので)汗が出ます。(腕も疲れます)。


今年の豊水は特別太りました。

豊水は、私の農園には40本木があります。
一本一本の木に、沢山大きな実が今年も実っ
てくれました。思わず笑みがこぼれます。最後
にかけた、特大の袋を破るほど、大きな実が
沢山実りました。この分では、来年も確実です。


日曜日のお客さんの様子
ニューピオーネ 

巨峰とマスカットの交配で出来たブドウ界ではトップスターです。
 このまとまりのある房をつくるために「摘粒(てきりゅう)」といって、花が咲いた後、大豆ぐらいになった実を摘みます。ブドウの実が詰まりすぎて、イチヂクの実のようにならないよう、隙間を考えながら摘んでいきます。この房は、色も玉太りも充分。いい仕事しています。

安芸クイーン

広島県の安芸津果樹試験場でつくられた有名な赤ブドウの品種です。癖の無い味でたいへん好評です。
 茜色に染まった実が、秋の訪れを知らせてくれます。今年の安芸クイーンは粒も丸く大きくできました。
 私の農園では、安芸クイーンの木が10本あります。観光農園の目玉として、平成10年から、皆様の手で、もぎ取りしていただけます。

豊水

赤ナシ3種(新水、幸水、豊水)のなかで、一番最後に収穫する品種です。実が大きくなることと、ひときわ際だつ甘さで大変好評です。実が柔らかく、優しい歯触りで、女性や若い方からお年寄り、つまりは皆様に愛されています。
9月初旬から20日くらいまで楽しんでいただけます。今年は、にっくきカメムシも、暑かった天候のためほとんど姿をみせず、大きく、形の整った実を収穫することが出来ました。


Copyright 1999- 2007 Yamamoto All Right Reserved.

リンクフリー